「チキンライス風のお粥」という、よくわからないものを作りました。冷凍おにぎりを解凍しようと思って鍋で蒸したら蒸気で緩んでゲル状になってしまって、やけくそでフライパンで炒めて鶏がらスープの素とケチャップぶち込んでこねくり回してたらこのようなことに。

ひじきと大豆の煮ものを作りました。にんじんと切り干し大根、干し椎茸も入っています。豆を煮た後にステンレス鍋が変色するの、何なんだろう。今日は月刊アフタヌーンを読んだのですが、新連載の『ブルーピリオド』がムチャクチャ良かったです。涙腺をやられました。「好きなものを好きっていうのって 怖いんだな…」というモノローグが刺さります。『我らコンタクティ』は第4話まで来ました。1話ごとの密度が濃いので、まだ4話目なのが不思議な感じです。二人は安川教授を出し抜くのか、それともこれまでのように、知らず知らずのうちに味方に抱き込んでしまうのか。目が離せません。

昼まで寝てました。起き抜けにそうめんを茹でたのですが、また水道の水が酸っぱくなってて悲しい結果になりました。何が原因なのか。晩飯にはベランダのピーマンで野菜炒めを作って、ごはんとみそ汁で食べました。白米の炊き加減がいい感じでした。しばらくは買ってきた天然水で料理しようと思います。麺類などの茹でる系料理は避けます。

ベランダの茄子で揚げびたしを作って食べました。あと白米が上手に炊けました。

ジャガイモを揚げて食べました。ねっとりと甘くておいしい。油をきる装置がないのでオイリーです。フライ用のバットか何かが欲しい。

潮汁を作りました。はまぐりの出汁は「浜を食べている」という感じでした。うまかったです。それからベランダの茄子・ピーマン・紫蘇で昆布の出汁煮を作りました。白飯が進みます。

 

はまぐりを取りに連れて行ってもらいました。気温より海水の方が暖かかったです。今夜砂を吐かせて明日頂こうと思います。砂吐かせ用の海水を4リットル焼酎のペットボトルに汲んで自転車のカゴにイン、絵面的になんかすごい飲む人みたいだなと思いました。お酒の飲みたさがグーッと来ているのでこれからアイスクリームを買いに行きます。はまぐりは貝殻がきれいですね。

今日は大豆の煮豆に成功しました。ほどよい甘みです。この間、枕目さんの『アースウインドアンドフロッグ』が完結しました。とても良かったです。続けて『スーパージャガイモファンタジー ジャガイモ以外全部絶滅』も読みました。振り幅がすごい……。枕目さんの作品、紙で書籍化してほしいです。

 

 

kakuyomu.jp

kakuyomu.jp

飲んじゃダメだ、食べちゃダメだと思っているとやりたくなってしまうもので、お酒飲みたい。甘いもの食べたい。思うさま肉を食らいたい。と、このようになりました。こういうストレスはかえって良くないので、甘いものだけ解禁することにします。経験上クッキー・ビスケット・チョコレート・スナック菓子などは鼻炎を悪化させる傾向にあるので、それ以外で攻めます。今はアイスクリーム、なかでも食品添加物の少ないやつを選んで食べています。鼻炎への影響は小さい模様。最近の発見は、自分の鼻炎に長風呂が効くっぽいということです。ガス代がかかりますが、しばらくシャワーをやめて入浴することにします。

イブニングを読みました。新連載の『フジマルッ!』がすごく良かったです。『めしにしましょう』のお品書きは家庭で再現するのが一層難しい世界へ。小林銅蟲先生、今度ザ・ノンフィクションに出演するらしいです。僕はテレビがないので観れません。残念。

手打ちで釜玉うどんをやりました。トッピングは紫蘇です。コシがあって美味しいです。一食当たりの材料費たぶん60円くらい。すごい。

 

ここ10年くらいずっと鼻炎に悩まされており、そろそろ何とかしたいと思っています。病院のアレルギー検査では何も引っかからなかったし、原因はよくわかりません。経験則では甘いものや脂っこいもの、加工着色食品などを食べ過ぎると症状が悪化するようです。あと、運動不足のときも悪化します。インターネットで調べると、鼻炎治療の際に避けるべきものとして「刺激物(アルコール、コーヒー、ココア、たばこ、からしなど)、動物性脂肪、塩分の多いもの、加工着色食品」が挙げられていました。また、控えたほうがいい食品として「糖分とデンプン質、脂っこい肉や魚、味の濃いもの」が挙げられていました。実際どうなのか知りませんが、自分の経験と照らし合わせてみると「なるほど思い当たるぞ」という感じです。これを参考に、いっちょ気合い入れて食事療法を徹底しようかと思います。あと適度な運動も。

出典 http://慢性鼻炎漢方薬.net/category11/

きゃべつとニンジンをどうしたものか。少し悩んだのですが、結局、このところの定番になりつつあるオリーブオイルとコンソメとローリエで炒め煮にするやつにしました。ご飯のおかずになる。パスタソースにもなる。お湯に溶けばスープにもなる。便利です。この間、ずっと気になっていた『リンダ リンダ リンダ』という映画を観ました。ものすごく好みの作品でした。描写し過ぎないところがとてもいいです。

茄子・ピーマン・人参の微塵切りと、さやいんげんの下茹でしたものをオリーブオイルで炒めて、少量の水とコンソメで煮込み、ローリエで香りづけしたものを作りました。見た目は微妙ですが、野菜の甘みが出ていて美味しいです。パスタソースにしたり、サラダ代わりにしたりできそうです。パンに挟んでも美味しいかもしれない。在庫している生野菜は、残すところキャベツひと玉、人参一本のみとなりました。傷む前に調理しておきたいです。

温かいうどんを作りました。トッピングは茹でた小松菜と生卵です。体調が良いとご飯が美味しいです。ベランダではいんげん豆の株が花をつけました。